SERENO OFFICIAL BLOG

"セレーノミュージックグループの活動を紹介します"

2017年3月30日  スペシャル

「世界的ヴァイオリニストのルッツ・レスコヴィッツ氏のレコーディングを行いました!」

2月21日に、世界的ヴァイオリニストである、ルッツ レスコヴィッツさんのレコーディングを行いました。

 

 

ルッツさんの使用楽器は、1707年製ストラディヴァリウス”Ex-Prihoda”です。

素晴らしい音色に一日中浸ることができましたし、一流の人間のこだわりの強さにもは触れることができました。

収録曲は

・モーツァルト/ヴァイオリンとピアノのためのソナタK.454

・モーツァルト/ヴァイオリンとピアノのためのソナタK.304

・フランク/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ

の三曲。ピアニストは、長谷川美沙さんでした。

素晴らしい録音になる予感!音源の完成が楽しみです。

そして、セレーノミュージックの取り組みについてお話を聞いていただいたところ、

ルッツ・レスコヴィッツ氏から直筆の応援メッセージをいただくことができました!

 

 

“私は、日本の若い音楽家と、セレーノミュージックの活動を応援しています。全ての音楽家と音楽文化の未来の幸運を祈っております。”

ありがたい限りです。

今後も、日本の、そして世界の音楽文化発展のために、国際的な活動も含めて邁進していく所存です。

皆様、是非応援よろしくお願い致します。