ロゴ
アーティストトップ写真

アレッサンドロ・コピア Alessandro Copia
チェロ


4歳からトリノの「Suzuki Talent Center」にてチェロを始める。
トリノヴェルディ音楽院を卒業後、スイス ルガーノ国立音楽院にてチェリスト、ロバート・コーエン(ファイン・アーツ四重奏団)に師事。
クレモナにてW.スタウファー奨学生としてクレモナ スタウファー アカデミーにてロッコ・フィリッピーニ氏に師事。


2009年にローマ サンタチェチリア音楽院の室内楽コースを卒業。
トリノCTR財団と、米カリフォルニア「Williamson Fondation for Music」の奨学金を得る。
イタリア、チッタ・ディ・ジュッサーノ音楽コンクール第一位、
イゾレ・ボロメオ国際コンクール第一位、ポンティヴレア国際コンクール第一位。
2005年ディーノ・カラヴィータコンクールでは第一位の他最優秀チェリストに贈られる「カラヴィータ賞」を受賞。


イタリア各地(ローマ、ミラノ、ヴェネツィア、トリエステ、ウーディネ、トリノ他)、
フランス(ミュルーズ)イギリス(ヘーヴァリス)他ヨーロッパ各地でソロ及び室内楽のコンサートを行う。


室内楽奏者としては、ラウラ・マルザドーリ、マリオ・モントーレ、フランチェスカ・デーゴ、ブルーノ・ジュランナ、
サルバトーレ・アッカルド他、数多くの著名な音楽家と、
ローマ国立音楽院、ローマ室内楽フェスティバル、クレモナスタウファーアカデミー、ヨーロッパ弦楽指導者協会等を通じて共演した。


トリノ・ヴェルディ音楽院オーケストラ、レニャーノ・J.ハイドンオーケスロラ、
アロイジアーナジュニアオーケストラ、スイス・ルガーノ国立音楽院オーケストラとソリストとして共演した。


トリノ王立歌劇場管弦楽団、トリノRAI国立交響楽団、ボルツァーノ・ハイドン管弦楽団、
イギリス王立リバプール交響楽団等、主要オーケストラのエキストラとしても活動するとともに、
2009年から2012年までトリノ・Crt管弦楽団、2013年からビエッラ・ペロージアンサンブルの第一チェリストを務める。

他の楽器アーティスト