ロゴ
アーティストトップ写真

屋野 晴香(やの はるか)
ピアノ


兵庫県立西宮高等学校音楽科ピアノ専攻を経て東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。
ウィーン国立音楽大学ピアノ室内楽科に留学、同大学を学部・大学院ともに首席で卒業・修了。
さらにポストグラデュエイト課程で研鑽を積むと同時に、
ウィーン大学修士課程にて音楽学を専攻し音楽研究への多角的アプローチにも積極的に取り組む。


ソロ及び室内楽で国際コンクールに多数優勝・入賞、
ウィーン・楽友協会ホール主催公演に招聘されデビューリサイタルを開催。
オーストリアをはじめイタリア、ドイツ等で演奏。ORFオーストリア国営放送ラジオに出演。
室内楽ではEuropean Chamber Music Academyオーディションに合格し参加する他、 Dora Schwarzberg、Herbert Kefer (Artis Quartett) 、Rudolf Leopold各氏を はじめとする世界的奏者と共演。


欧州各地で演奏活動を行う他、
2018年度フェニックス・エヴォリューション・シリーズ(ザ・フェニックスホール、大阪)に選出されるなど、精力的に活動を行う。


また全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ステップ・アドバイザーとして全国を回り、後進の育成にあたる。
オフォシャルサイト

他の楽器アーティスト