SERENO OFFICIAL BLOG

"セレーノミュージックグループの活動を紹介します"

2020年8月14日  イベント・コンサート

杉林 岳 ピアノ ピアノリサイタル

杉林 岳 ピアノリサイタル

日時:2020年8月23日
第一公演 PM2:00開演(PM1:30開場)
第二公演 PM6:00開演(PM5:30開場)

入場料:2000円
お申し込み:harmonie9408@gmail.com
tel:090-9215-4322(杉林)

ピアニスト 杉林 岳

桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ学士課程修了後、渡欧。ウィーン市立音楽芸術大学MUK(旧ウィーン市立音楽院)リート・オラトリオ声楽伴奏科修士課程、並びに器楽伴奏科修士課程、室内楽科大学教育課程を首席で卒業。これまでに、ソロを植田あさ子、山田富士子、シュテファン・モェラー、スンスーク・カン、リート・オラトリオ伴奏法をキャロリン・ヘイグ、室内楽をデニーゼ・ベンダ、エフゲニー・シナイスキ、ソロと室内楽の両方をルーカ・モンティ、(故)パウル・バドゥーラ=スコダの各氏に師事。

2004年、日本ピアノ教育連盟オーディション優秀賞受賞。2006年、東京国際芸術協会新人オーディション最優秀新人賞受賞。2010年、ウィーンのロザリオ・マルチアーノ国際ピアノコンクールにてシューベルト賞を受賞。2015年、ブラームス国際コンクールの室内楽部門にてヴィオリスト丸山奏とのデュオで特別賞を受賞。同年、フィデリオ基金コンクールにヴァイオリニスト松本紘佳とのデュオで入賞し、入賞者演奏会の模様がオーストリア放送局より放送された。同デュオはその後、ピネローロ・トリノ国際室内楽コンクール第3位(イタリア)、大阪国際音楽コンクールデュオ部門第1位および聴衆賞、ボウルダー国際デュオコンクール第3位(アメリカ)と上位入賞する。国際リートコンクールでは(故)アーウィン・ゲージ、グレアム・ジョンソン各氏から賛辞を受ける。

2018年、NHK の FM クラシック音楽番組「リサイタル・ノヴァ」に、ヴァイオリニスト登坂理利子氏と出演。同年から Japanische Virtuosen Wien(ウィーンで活躍する日本人の若手演奏家たち)と称したアンサンブルグループの結成に携わり、精力的に演奏活動を行った。2019年に丸山奏とデュオ・ガイストクラングを結成。オーストリアと日本を中心にソリスト、室内楽奏者、リート伴奏者として活躍している。2020年に、ファーストソロアルバム「Lyric」をリリース。